逆輸入日本人アイドル 

私は女子校の掲示板に貼ってあった交換留学生のチラシを見た時に、ピンと来ました。小さな頃からファッションが好きで海外のファッションを知りたいという夢があったのです。
留学先がアメリカのロサンゼルス近郊にある女子校でした。早速、応募し面談を受けました。

中学生の頃から英会話スクールに通ったいたおかげで海外への想いを熱く語ることができました。そして、なんと合格したのです。憧れのアメリカ、憧れのファッションを生で観るチャンス到来です。
ロサンゼルスへ留学してから、とにかく同級生と仲良くなりたいので必死に英語を勉強し、半年も経つと日常会話では問題なく話せるようになっていました。そうなると、現地の学生も少しづつ声をかけてくれるようになり、私自身ももっと親しくなりたいと思い、日本のファッションスタイルで登校してました。目立てば声をかけてもらえると思ったからです。

私の思いとは懸け離れた出会いがまっていました。
いつものように日本のファッションスタイルで帰宅してると、1人の女性に声をかけられました。
「私はモデル事務所の人間です。あなたは日本人かしら? あなたのファッションは素敵にね。とても興味あるの。一度、うちのモデル事務所へ遊びに来て欲しいわ」そう言われた瞬間、私にはYES今すぐに行きたいと返答してました。私はロサンゼルスでモデルとして契約し、現役女子高生モデルとして活動をする運びになったのです。

交換留学生は学問が優先で、学問に支障が出ることは禁止されてましたので、あくまで学問に影響のない日だけ活動してました。それを学校に伝えるとOKをもらえました。
それから1ケ月もしない内に、私がモデルとして載った雑誌が好評で他からオファーが届いたのです。

それが日本でアイドルデビューするキッカケとなる日本の芸能事務所からのアイドルオーディションオファーだったのです。
ちょうどその頃に、私の1年間に及ぶ交換留学生としての期間も終わりに近づいていました。交換留学の期間が終わると同時に日本でオーディションを受けました。

海外での活動話や、それまでの経緯を伝えると事務所社長も気に入って頂き、めでたく日本でアイドルデビュー出来ました。私の目標は海外で得た得た経験を通して日本でのファッションリーダーになることでしたので、これからは、海外での感覚をミックスした私独自のファッションを前面に出したアイドルとして情報発信していきます。宜しくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です