アイドルオーディションにおいて必要な経験とアピール

どうしてもアイドルになりたい、その燃えるような願いが少しでもオーディション審査の人たちに伝わって欲しい、そんな思いで上京してきたのですが、やはりそんなに思うように簡単に合格するわけでもなく、やはり落ちてしまいました。どうやったら自分をアピールできるのか、与えられた時間の中で人とは違うなにか光るもの、あるいは個性を出すことができたらいいのにと思っています。次々と新しい新人がマスコミやドラマや映画に登場していますので、その中に入りたいという思いでレッスンやオーディションを受けています。

オーディションというのはサイトで調べると比較的定期的に開かれていて、映画やドラマに出演できる人たちを募集していたりしていて、その必要としている役に自分がぴったりはまったらいいのにといつも思っているのですが、さすがに自分の周りにはライバルとなる同じくらいの年齢の女の子たちがたくさんして目がギラギラしています。気持ちで負けないようにしなければといつも思っているのですが、いざ舞台に立つと緊張してしまって思うように、あるいは練習したとおりにはしゃべることができなかったりしてそのたびにがっかりしています。

それでもアイドルになることを諦めるつもりはなく、自信を持ってオーディションを受け続けたいと思っています。家族が応援してくれるので、自分が諦めない限り、オーディションを受けて前回よりも今回、そして今回よりも次回と少しずつ自信を持ってアピールできるようにトレーニングと経験を積んでいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です